不動産賃貸仲介業とは

不動産賃貸仲介業とは、賃貸物件のオーナーから預かった物件を、広告を出すなどして入居希望者に紹介し、賃貸借契約にまで導く業務のことです。不動産賃貸仲介業の収入は、契約が成立したときに支払われる仲介手数料です。不動産賃貸仲介業者は、一般的には不動産会社のことです。

不動産会社と聞くと不動産の売買を思い浮かべますが、賃貸の仲介も行っています。

不動産賃貸仲介業者には2種類あります。一つは「元付け業者」と呼ばれる不動産賃貸仲介業者で、貸主から直接委託された物件の入居者を探し、貸主側に立って契約を結ぶ業者で、入居後の物件の管理まで行っている場合もあります。

もう一つは「客付け業者」と呼ばれる不動産賃貸仲介業者で、借主から依頼を受けて、物件情報を提供し、借主側に立って紹介していく業者のことです。

両方の役割を行っている業者もあります。「元付け業者」が物件を早く売りたい場合に、貸主から預かった物件の情報を「客付け業者」に公開します。そして契約が成立すれば仲介手数料は「元付け業者」と「客付け業者」が折半することになります。


元付け業者は一般的に地元密着型の不動産会社に多いという特徴があります。物件や周囲の環境について詳しく、大家さんとも親しいので、物件に対する詳しい情報が知りたければ元付け業者に聞いたほうがよいでしょう。

また賃料の交渉なども元付け業者を通して行う方が希望が通りやすいと言えます。また公開していない隠し物件の情報を持っていることもあります。ただ保有している情報量はあまり多くなく、広いエリアにまたがる情報は持っていないことが多いので、部屋を探すエリアがはっきり決まっている場合に利用するのが良いでしょう。


客付け業者は、大きなターミナル駅の前など人が大勢集まりやすいところにあることが多いです。しかし大きなターミナル駅にある不動産会社がすべて客付け業者というわけではありません。客付け業者の特徴は、とにかく情報量が多く、広い範囲の物件を持っていることです。また部屋を借りたい人への接客が業務の中心なので、親切で丁寧に教えてくれる場合が多いようです。どこのエリアに住むのか、まだはっきり決まっていない場合は、広いエリアの知識を持っている客付け業者に行くのがおすすめでしょう。ただ物件や大家さんについての詳しい情報はあまり知らなく、賃料などの交渉も元付け業者に比べると融通が利きにくい面があります。

不動産賃貸仲介業者と似た言葉で、不動産仲介業があります。

不動産業界は、大別すると「開発・分譲業」「流通業」「賃貸業」「管理業」と4つの業態に分類されます。開発・分譲業は、自社で開発・建築した不動産を直接販売します。賃貸業は、自己が所有する不動産を他者に貸付けます。管理業は、実際に人が利用している不動産を管理します。流通業は、不動産を売りたい人と不動産を買いたい人、もしくは不動産を貸したい人と不動産を借りたい人を引き合わせます。

この中で不動産仲介業は「流通業」にあたり、「不動産取引の仲人役」と呼ばれています。つまり不動産仲介業は「売買」の仲介業であり、不動産賃貸仲介業は「賃貸」の仲介業となります。

2007.02.07.13:00 | Permalink | Track Backs (0) |

Track Back URL: